イメージ

トップページ > 坐骨神経痛(ヘルニア)

坐骨神経痛(ヘルニア)

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、病名ではなく、その症状の名称です。
坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています。
坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。

●坐骨神経とは?

腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢~足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経です。

坐骨神経痛の症状

お尻や足への放散痛
お尻、大腿後面、下腿外側や後ろ、足の甲あたりまでがシビレや疼痛をきたす。
立ち上がる時、歩く時、横になったりする時に痛みがひどくなる。
ひどい時は歩くことも困難で、眠れないほどの痛みやしびれがある。

坐骨神経痛を引き起こす原因

脊髄や神経根の圧迫によっておこるり、原因は大きく分けると3つあります。

背骨の問題
 椎間板や変形した骨が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが出現
筋肉の問題
 腰やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが出現
内臓などの問題

一般的に①と②が原因であることが多いです。

多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが原因は様々です。
他には、以下のものが坐骨神経痛を引き起こす原因としてあげられます。

・梨状筋症候群
・脊柱管狭窄症
・脊椎分離症脊椎
・すべり症
・脊椎腫瘍
・骨盤内腫瘍

当院では坐骨神経痛の方に対して、背骨・骨盤矯正、マッサージ、鍼灸などを行います。
坐骨神経痛の場合ほとんどが骨盤、骨格の状態を整えて筋肉の緊張を取り除き、経絡の流れを良くすることにより解消されます。

  • 施術料金
  • 体験談
  • インフォメーション
  • ご予約・お問合せ

ページTOPへ

ページTOPへ